プロフィール

マッキンゼーのグローバルヘルスケアセクターのリーダーの一人。業界に関する豊富な知識、前職におけるバイオテクノロジー研究および商品化の経験は、クライアントから高く評価されている。

革新的なバイオファーマおよび医療技術企業における新製品の開発・発売を支援。10年以上にわたり、クライアント企業の製品価値を最大化するための戦略、商品開発、マーケティング、およびセールスに関する助言を提供している。

最近の実績

  • 大手グローバルバイオファーマ企業のアジアにおけるプレゼンスの確立、製品の上市、収益拡大、ローカルパートナーシップの確立、ならびに中国および日本における柔軟性のある新しい事業モデルの形成を支援
  • 日本を代表的する企業2社に対して、特定市場セグメントへの技術・能力の展開、革新的な新製品の開発・買収、業界横断的なパートナーシップの確立(ハードウェア-ソフトウェア、アドバンストアナリティクスなど)、および迅速な製品の上市を通じた医療分野への参入を支援
  • 周辺機器メーカーとソフトウェア会社のグローバルな提携の構想・実行を支援し、合併後のアジアにおける統合を主導

生物工学および計算生物学の分野における研究に携わり、これまで8本の論文を執筆している。マッキンゼー入社以前は技術移転に従事し、ヘルスケア分野へのナノテクノロジーおよび生物工学の適用に関わる新技術および知的財産の商品化に携わった経験を有する。

イタリア出身。米国とベルギーでそれぞれ6年キャリアを積み、2013年よりマッキンゼー日本支社に在籍。

学歴

ベイラー医科大学大学院(米国)博士課程修了(生物工学)

ミラノ大学(イタリア)博士課程修了(生物工学)

テキサス大学経営学大学院(米国)修士課程修了(MBA)