山科 拓也

Takuya Yamashina

パートナー、関西オフィス
自動車・組立産業、先端エレクトロニクス、電力および天然ガスセクターのクライアントに対しコンサルティングを提供し、戦略策定、オペレーション変革および新規事業の立ち上げを数多く支援

プロフィール

自動車および重機OEM、自動車部品サプライヤ、電力会社等を含む数多くの事業会社のクライアントに対し、全社規模の企業改革を数多くサポートしてきた実績を有する。専門分野は、企業の成長戦略立案からオペレーション改善、新規事業の開発等、幅広く網羅している。

直近のコンサルティング実績例:

  • 自動車メーカーにおける直接材のグローバル規模でのコスト削減を指揮。クライアントのコスト改革をエンドツーエンドでサポートし、調達戦略の効率性の大幅な改善に貢献
  • グローバルな調査研究および調達組織の設立を支援
  • 南アジアにおける自動車OEMの新規事業開発を指揮。ゼロベースのファクトファインディングやアイディア出しから、実際の南アジアにおける新事業ローンチまでを包括的に統括
  • 電力会社におけるコスト削減プログラムを立案。結果として約1憶ドルのコスト削減に加え、抜本的な組織再編を実現

コンサルティング以外の分野においては、採用や人材開発にも注力している。現在、アジアおよび日本のオペレーション研究グループにおけるダイバーシティ強化の取り組みをリードしている。

主な執筆、寄稿

新しい時代に向けて日本企業に求められるR&D活動McKinsey & Company (20205月)

学歴

慶應義塾大学法学部法律学科卒業