Skip to main content
Leap by McKinsey
活動内容

新規事業創出ユニット Leap by McKinsey

Don't just look to the future. Let's Leap

Leap by McKinseyは、革新的で飛躍的な成長をもたらす新規事業を一から構築・展開しています。

今後起こる変化を先読みして柔軟に対応できる組織は多くありません。長い時間をかけて対応策を検討するものの、どこから手を付ければよいか分からず、気づくと取り残されているという状況に陥りがちです。マッキンゼーは、各業界のリーダー企業群との協業を通じて、革新的な新規事業を構築・展開しています。
しかも圧倒的な短期間で。

それは、クライアントが元来もつ強みを核としながらも、新しいエコシステムを作り上げ、かつ持続的成長を実現するための組織能力、インフラを作りあげていくアプローチです。長期的に組織全体を変革し、革新的なアイデアを創出し続ける仕組みになる可能性を秘めています。

Let’s Leap together

マッキンゼーは、グローバルなエキスパートネットワークから最高の人材を結集させ、組織を再活性化するダイナミックかつ画期的な事業を創り出します。

200

以上の事業を
これまでに構築

500

人以上の
業界エキスパート

700

人以上の創業者・
イノベーター

5000

人以上の
テクノロジー&
デジタルエキスパート

「我々は今まさにディスラプションの時代を生きています。画期的なアイデアによって産業全体が劇的に変化する可能性があります。大企業がそのような環境で競いながら、新たな成長を目指すのであれば、彼らもまたそのような闘い方をしないといけないのです。」

— Ari Libarikian & Ralf Dreischmeier、Leap グローバルリーダー

セキュリティの未来の創造

ソフトウェア、データドリブンなサービスエコシステム、そしてイノベーションの継続的創出に向けた新たなオープンスタンダードを開発し、ハードウェア主体の業界の変革を加速

スマートインフラ事業の再定義

ワールドクラスの社会インフラ技術を持つ日本企業とともに、各事業部門に散らばっていたソリューションを事業体として切り出し、国内のみならずグローバル20カ国以上に展開

消費者金融への参入

リテールバンキングに新しい風を吹き込みたいと考えていたクライアントと共に、史上最速のスピードで成長する消費者金融プラットフォームを構築

未来のユニコーンの創出

日本の大手ベンチャーキャピタルが投資するスタートアップ企業の海外進出をDay1から支援。一蓮托生のパートナーとして、革新的なシェアエコノミー事業のグローバル化を加速

次世代のスポーツライブ配信

動画配信サービス利用者の増加により放送業界に変化が起きている中、大手コンテンツプロバイダと協働して、アジア太平洋地域において初となるスポーツライブ配信プラットフォームを構築

中国におけるコリビング(Co-living)サービスの展開

急速に発展している都市部ではコリビングが新たなトレンドになっており、マッキンゼーでは大手不動産会社と提携して、中国のミレニアル世代に対して新しいライフスタイルを提案

Don’t just look to the future. Let’s Leap.