This is a profile image of シンガル・サヒル

シンガル・サヒル

Sahil Shinghal

パートナー, 東京オフィス

アナリティクスとデジタル技術を活用して消費財企業の複雑なサプライチェーン全体におけるパフォーマンス改善をサポート

マッキンゼージャパンのオペレーション研究グループのリーダー。アナリティクスとデジタル技術を通じて企業のサプライチェーン全体におけるパフォーマンス改善を積極的に支援。主に消費財セクターのグローバル企業を担当し、オペレーション領域の幅広い分野で助言を提供。

直近では、製造・サプライチェーン領域において、クライアント企業のグローバル製造拠点の整理統合、計画策定業務の自動化、サプライチェーン運営モデルの再設計などを支援。

その他の主なコンサルティング実績:

  • グローバル消費財企業のオペレーション全体の改善を支援し、売上原価率を5%改善、供給を安定化して収益リスクをおよそ8億ドル軽減
  • グローバル食品メーカーの製造業務変革を支援し、4億ドルのコストを削減
  • グローバル飲料メーカーのデジタルを活用したサプライチェーン戦略を策定し、世界全体でコスト面のシナジーを3億ドル創出

オペレーションを通じた持続的価値創出に重点を置き、企業の経営陣や現場の人員と緊密に協力して組織全体で変革を推進。

クライアント向け業務以外にも人材育成や企業のオペレーション能力構築に精力的に取り組んでいる。

主な執筆、寄稿

A resilient return for Asia’s manufacturing and supply chains?,” マッキンゼー・アンド・カンパニー 2020年6月

A manufacturing footprint fit for the future, via advanced analytics,” マッキンゼー・アンド・カンパニー 2021年9月

学歴

INSEAD
MBA

ニューヨーク州立大学バッファロー校
理学士号、航空宇宙工学、機械工学、日本学