Skip to main content

ヤン・ファン・オーバービーク

Jan van Overbeeke

パートナー、東京オフィス
製薬会社や医療機器メーカーの成長戦略・グローバル展開を支援。コマーシャル、メディカル・アフェアーズ領域における革新的な技術やアドバンスド・アナリティクスの活用サポートに強みを有する。

プロフィール

日本およびアジアにおける医薬品・医療製品研究グループのリーダーであり、クライアントは、グローバルに事業展開する企業から国内市場にフォーカスする企業まで多岐に渡る。 経営幹部に対し広範な領域について助言を行っており、特にポートフォリオ戦略やアドバンスド・アナリティクスを活用したコマーシャルおよびメディカル・ケーパビリティの構築に注力している。

最近の主なコンサルティング実績:

  • グローバルなバイオファーマ企業のアジア進出を支援。クライアント企業のブランドの成長を加速させるために、事業ポートフォリオに関する意思決定、メディカルおよびコマーシャル戦略の策定、組織の規模拡大やケーパビリティの構築等、幅広い領域について助言を行う
  • 日系大手製薬会社のグローバル展開および事業改革をサポート。具体的には、クライアント企業の事業部門を横断した最先端のデジタル化を加速させるための取り組みを指揮 数多くの医薬品および医療機器メーカーによる日本やアジア市場への参入および成長戦略の策定に力を尽くす。特にアドバンスド・アナリティクスのユース・ケースの展開にフォーカスしている

メディカル アフェアーズ プロフェッショナル ソサイエティ(世界から170社が参加するメディカル・アフェアーズのNPO団体)アジア支部のリーダーシップチームのメンバー を務める。数多くの企業に対しメディカル戦略および組織改革などについて支援してきた。

オランダで生まれ育ち、キャリアも同国でスタート。その後、英国、欧州においてキャリアを積み、2008年にマッキンゼーに入社し、2014年以降は日本オフィスを拠点とする。

Published Work

COVID-19 in Pharma Commercial: Navigating an uneven recovery,” McKinsey & Company, 2020年5月

Asia on the move Five trends shaping the Asia biopharmaceutical market,” McKinsey & Company, 2018年5月

The evolving role of medical affairs in Asia Pacific Three imperatives for pharmacos,” McKinsey & Company, 2018年4月

The digital imperative for pharma companies in Japan,” McKinsey & Company, 2018年3月

The medtech opportunity for Japanese companies,” McKinsey & Company, 2017年11月

Elevating the impact of medical affairs in Japan,” McKinsey & Company, 2017年10月

Past experience

エアバス

Education

INSEAD
MBA取得

デルフト工科大学大学院
MS(修士号)取得、航空宇宙工学専攻

マサチューセッツ工科大学大学院
MS(修士号)取得、航空宇宙工学専攻

ライデン大学
BA(学士号取得)、法律