Skip to main content

知見

特集

記事

COVID-19: ビジネスへの意味合い

コロナウイルスの感染拡大は人類および世界経済に対して甚大な影響を与えています。本記事ではリーダーにCOVID-19に関して日々状況が進化していく中でのビジネスへの意味合いについての知見を提供します。

知見に関する記事・文献

記事

マッキンゼーからの緊急提言、コロナ危機に立ち向かう経営戦略一覧

2020年6月
ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー
新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えてきた日本。だが、経済、経営へのダメージは計り知れない。企業においては現在、人事から財務、生産、販売に至る、すべての経営戦略の見直しが迫られていることだろう。コロナウイルスがもたらした経済危機のインパクト、Next Normal(次なる日常・価値観)に対する考え方、そして企業経営に対する示唆を、HBRにて全10回にわたって紹介する。
記事

R&Dの生産性向上 こそが日本企業を 次世代へ導く

R&Dの生産性向上こそが 日本企業を次世代へ導く
記事

The Future of Work in Japan – ポスト・コロナにおける「New Normal」の加速とその意味合い

2020年5月
「自動化」をはじめとした技術の導入が加速することは、ポスト・コロナにおいては「New Normal」となっていくことであろう。「The Future of Work」を日本の観点からまとめた。
記事

製薬コマーシャル組織におけるCOVID-19危機からの回復を目指して

日本において製薬会社は新型コロナウイルスのパンデミックによる変化への最善の対応を図るため、HCP(医療従事者)や患者のニーズをより反映したコマーシャルモデルへの方向転換を検討すべきである
記事

気候変動リスクとその対応策

2020年4月
今後30年、気候変動がもたらす物理的リスクと社会経済的影響には、サイバーセキュリティ対策同様、またはそれ以上の大胆な施策と意思決定が求められています。
記事

ダイナミック・プライシング – デジタルとアナリティクスを活用して化学品業界のバリューベース・プライシングを次のステージへ

化学品企業は顧客に合わせてプライシングを迅速に調整できるデジタルと先進アナリティクスの新しいケイパビリティを活用することで、売上を飛躍的に伸ばす可能性を秘めている
記事

日本企業に合致した変革モデルが普及すれば、経済成長は加速する

2018年6月
日本においてアングロサクソン型の変革モデルは望ましい効果を発揮しておらず、日本の文化に合致したアプローチが必要である。
記事

日本のモビリティ市場に関する考察

2018年11月
高い質と利便性を誇る日本のモビリティサービスは、顧客ニーズや人口動態、規制の変化などから生じた新たな課題に直面している。これらの課題を解決していくためには、新しいビジネスモデルや提携モデルが必要になるだろう 。
なお、日本語版は日本市場向けに編集したため、英語版とは内容が異なります。
記事

日本の製薬業界における変化 : イノベーションの「揺り籠」となるのか、 あるいは利益の「墓場」となるのか

2018年8月
医薬品市場の構造的変化を理解すれば、業界のステークホルダーはイノベーションを推進し、結果的に 患者に貢献することができる 
記事

化学品産業におけるデジタルの活用方法:テクノロジがインパクトを創出するまで

2018年4月
化学品産業におけるデジタルの活用機会にはどのようなものがあるか。また、これらの機会を捉えるために、 経営者は何をすべきか
記事

スマートシティ: より快適な未来を実現するデジタルソリューション

2018年6月
マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)「スマートシティ: より快適な未来を実現するデジタルソリューション(Smart Cities: Digital solutions for a more... livable future (June, 2018) 」、スマートシティ化のために導入されるアプリケーションがQOLに与える影響について、独自の調査結果をエビデンスとして分析した。
Sorry, we couldn't find any results. Try removing some filters.

マッキンゼーのその他のグループ

マッキンゼークォータリー

マッキンゼーの主要刊行物である「マッキンゼークォータリー」では、1964年の創刊以来、経営トップの重要課題を明示し、知見を提供しています。

McKinsey Global Institute

民間部門、公共部門、ソーシャルセクターのリーダーに対して、変動する世界経済に関する理解をさらに深めるための支援を行い、経営や施策に関わる重要課題の意思決定を支えるファクトベースを提供することをミッションとして掲げています。(英語サイト)

日本支社へのお問い合わせ