知見

特集

記事

パリ協定の目標実現に向けた日本の脱炭素化の道筋

2020年11月 – 日本は、電力、産業、運輸、建築物(業務・住宅)の各部門における脱炭素化の取り組みを戦略的に実施することで、脱炭素と経済成長を両立することが可能。目標達成にむけて、国内で必要となる脱炭素に対する投資コストが最適となるには「いつ、どのような脱炭素技術への導入を進めるべきか」を最初のマイルストーンとなる2030年を中心に、2050年に向けた示唆とともに分析。

知見に関する記事・文献

記事

より多くの日本の女性リーダーの躍進を目指して

2020年12月 – 日本の女性管理職の割合は依然、世界と比較すると低い水準にある。組織として能力ある女性の躍進を後押しするにはどのような支援をするべきか。マッキンゼー日本支社の独自の調査結果とともに、今後の企業における女性活躍推進に向けた提言をまとめる。
記事

スピード感ある組織: 日本企業がアジャイルを活用して組織変革を成功させるには

2020年12月 – 日本組織の従来の働き方は、スピード感を持ち顧客を中心に据えるアジャイル型組織の原動力になり得る部分と、足かせになり得る部分の両面を持ち合わ せている。アジャイルを活用して変革を推進するにあたり、日本のリーダーにとって重要となる5つの領域を解説する
Article

「GOLDスタンダード」の適用 による日本の製薬市場での ブランド成長の実現

2020年10月-マッキンゼーが提唱する「GOLDスタンダード」手法によりブランド変革を推進し成長の加速化を促す
記事

スペシャリティ・ケミカル事業をアジアで大規模に展開するために

2020年9月 – 大きな追い風を受けているスペシャリティ・ケミカル市場。舞台は、アジアにも広がりつつある。有望な投資先として12のセグメントを割り出すと共に、進出企業が競争優位性を確立するために検討すべき戦術とは何かに触れている。

緊急提言 デジタル革命の本質: 日本のリーダーへのメッセージ

世界ではコロナを好機と捉え10年分のDXを1年で進めることができるとの声も聞こえてきます。今こそ日本でデジタル変革を加速化させるべく、リーダーの皆さまに緊急提言をまとめました
記事

アジア太平洋地域のZ世代は他の世代とどう違うか

2020年9月 – Z世代(1996~2012年生まれ)が成人期に達してきている。2025年までにZ世代がアジアの人口の25%を占めるようになりアジア消費市場にもたらす影響は大きい。Z世代の消費行動を方向づける消費者トレンド、Z世代を構成する主なセグメント、企業はZ世代にいかに訴求すべきか?
記事

アジアにおける気候変動リスクと対応策

– 2020年に発行予定の「アジアにおける気候変動リスクと対応策」の概要版
記事

COVID-19: ビジネスへの意味合い

コロナウイルスの感染拡大は人類および世界経済に対して甚大な影響を与えています。本記事ではリーダーにCOVID-19に関して日々状況が進化していく中でのビジネスへの意味合いについての知見を提供します。

記事

マッキンゼーからの緊急提言、コロナ危機に立ち向かう経営戦略一覧

2020年6月
ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー
新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えてきた日本。だが、経済、経営へのダメージは計り知れない。企業においては現在、人事から財務、生産、販売に至る、すべての経営戦略の見直しが迫られていることだろう。コロナウイルスがもたらした経済危機のインパクト、Next Normal(次なる日常・価値観)に対する考え方、そして企業経営に対する示唆を、HBRにて全10回にわたって紹介する。
記事

迅速な収益回復:ポストコロナの世界における成長ロードマップ

2020年5月
マッキンゼーが世界3,600名のB2B企業の購買意思決定者を対象に実施したB2B Decision Maker Pulse調査を基に、ネクスト・ノーマル(コロナ後の世界の在り方)において重要な指針となる「スピード感」「アジャイルな意思決定」「新たな顧客価値の認識」について論じる。
Sorry, we couldn't find any results. Try removing some filters.

マッキンゼーのその他のグループ

マッキンゼークォータリー

マッキンゼーの主要刊行物である「マッキンゼークォータリー」では、1964年の創刊以来、経営トップの重要課題を明示し、知見を提供しています。

McKinsey Global Institute

民間部門、公共部門、ソーシャルセクターのリーダーに対して、変動する世界経済に関する理解をさらに深めるための支援を行い、経営や施策に関わる重要課題の意思決定を支えるファクトベースを提供することをミッションとして掲げています。(英語サイト)

日本支社へのお問い合わせ