知見

特集

記事

2030年に向けた日本のデジタル改革

2021年2月 – デジタル競争力と生産性を向上させるための大胆な一手:日本は2020年の時点で世界第3位の経済大国であり、その礎となっているのは優れた教育制度、工業や自動車製造といった産業分野の推進力、質の高いインフラ、さらに強固な職業倫理に裏打ちされた勤労文化、継続的に高品質な製品やサービスを作り出すメソドロジーといった強みである。

知見に関する記事・文献

記事

価値創造経営の原則の実践: 「ステークホルダー資本主義」を 実現するため

2021年4月ー「ステークホルダー資本主義」は、企業が優先的に取り組むべき課題の一つである。本レポートでは、それを確実に実行するための5つのステップを紹介する。

インパクトの測定: メディカル・サイエンス・リエゾンに 対する満足度の因果分析

メディカルアフェアーズのためにQuantumBlackがどのようにAIによる因果分析を行ったか、MSLのインパクトの主な要因を紹介する。
記事

サイバーリスクに関するリポーティング機能の強化: リスク評価に基づくサイバー対策の導入

サイバーリスク管理システムを導入することにより、リスクを可視化し、組織の耐性を高めるとともに投資効果の改善を図る
記事

業績回復とアジリティの全社導入を成功させた通信会社 Spark New Zealandのすべて

ニュージーランドの旧国営通信会社経営陣3名が語ったアジャイルの迅速な全社導入の道筋: 障壁と成果、実現の鍵となった「ノー・プランB」アプローチとは
記事

アジャイル化の実現に向けた2つの道筋: 2社の通信事業者が用いた組織変革の手法とは

デンマークとニュージーランドの通信事業者による2つのアプローチを見ながら、それぞれの企業が置かれている市場環境の中で、どのようにチームを編成し、短期的に効果を上げたのかを学ぶ
記事

日本の営業生産性は なぜ低いのか

– 営業の効率性向上は、営業員一人ひとりのスキルを大きく上げることにつながり、効率性が上がることで余剰となった人員は新規顧客開拓などと結び付けることで、更なる企業の成長に資する。昨今の働き方改革に加え、COVID-19の影響で、テレワークや対面営業の減少など営業活動を大きく変える必要に迫られる中、いかに効果的に生産性を向上すべきか、7つのポイントを明らかにする。
...
記事

日本のメドテック企業がM&Aを活用して競争優位性を築くには
 

2021年2月 – 不況期に無機的成長を目指して投資を行う企業は、概して競合企業よりも力強い成長を見せている。日本のメドテック企業は、まさにこのことを成し得る機会を持ち合わせている。
記事

ESG経営から育む価値創造の5つの方向性

2021年2月 –企業は、ESGに関して適切な訴求力を持つことで、高い価値を創出することができる。その理由とは?
また価値創造を可能にするための全社的な変革のステップについてご紹介しております。
記事

より多くの日本の女性リーダーの躍進を目指して

2020年12月 – 日本の女性管理職の割合は依然、世界と比較すると低い水準にある。組織として能力ある女性の躍進を後押しするにはどのような支援をするべきか。マッキンゼー日本支社の独自の調査結果とともに、今後の企業における女性活躍推進に向けた提言をまとめる。
記事

新型コロナワクチンの世界的な接種開始に関わるリスクと課題

2021年3月 – 世界では現在、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制に向けた極めて重要な局面を迎えている。新型コロナワクチン接種に向けた大規模な取り組みと固有のリスク、そしてワクチン接種を加速させるための対策案について考察する
記事

スピード感ある組織: 日本企業がアジャイルを活用して組織変革を成功させるには

2020年12月 – 日本組織の従来の働き方は、スピード感を持ち顧客を中心に据えるアジャイル型組織の原動力になり得る部分と、足かせになり得る部分の両面を持ち合わ せている。アジャイルを活用して変革を推進するにあたり、日本のリーダーにとって重要となる5つの領域を解説する
Sorry, we couldn't find any results. Try removing some filters.

マッキンゼーのその他のグループ

マッキンゼークォータリー

マッキンゼーの主要刊行物である「マッキンゼークォータリー」では、1964年の創刊以来、経営トップの重要課題を明示し、知見を提供しています。

McKinsey Global Institute

民間部門、公共部門、ソーシャルセクターのリーダーに対して、変動する世界経済に関する理解をさらに深めるための支援を行い、経営や施策に関わる重要課題の意思決定を支えるファクトベースを提供することをミッションとして掲げています。(英語サイト)

日本支社へのお問い合わせ