成長し、先導し、前進し、 一丸となって行動する

成長し、先導し、前進し、
一丸となって行動する

LGBTQ+社員が活躍するマッキンゼーの環境

LGBTQ+社員の活気に満ちたグローバルネットワークGLAMは、互いの成功に全力で取り組み、また優れた能力を備えたLGBTQ+の人々をマッキンゼーのコミュニティに惹きつけています。

1995年、数名の社員がLGBTQ+の平等に関する取り組みを開始し、GLAMネットワークを設立しました。それ以来、世界各国の様々な性的指向や性自認を持つ社員がGLAMに加わり、発展してきました。このネットワークはLGBTQ+社員同士がサポートし合い、LGBTQ+に関する社内ポリシーおよび福利厚生に関してアドバイスも行っています。

マッキンゼーは、米人権NGOヒューマン・ライツ・キャンペーン財団(HRC)の企業平等指数(CEI)に関する調査に初めて2006年に参加して以来、最高スコアである100点を毎年獲得しています。 現在、GLAMネットワークにはほぼ100のオフィスから900名以上の社員が参加しています。

LGBTQ+社員各自の状況や考え方を尊重し、GLAMメンバーは自分の情報を開示する範囲と活動への参加レベル(LGBTQであることをオープンにし積極的に活動をリードする、GLAMネットワーク・限定的に開示して活動する、匿名メンバーとなり情報を受け取る)を自分で選ぶことができます。

「私にとってインクルージョンは、ひとりの人間として大切なものと感じています。マッキンゼー独自の調査により、ダイバーシティ&インクルージョンのレベルが高い企業ほど、業績が優れているという結果が出ましたが、私はまさにその通りだと考えています。そしてLGBTQ+*の社員も自分自身を隠す必要がなく、性別や人種等のバックグラウンドで昇進が阻まれたりすることがない環境は実現できるのです。マッキンゼーの社内でも、またその枠組みを越えてもそうであるために、私たちはあらゆる手を尽くしています。」

Kevin Sneader グローバル・マネジング・パートナー

* レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、クィア、トランスジェンダーなどの性的指向・性自認を持つ人の総称

マッキンゼーでの取り組み

GLAMネットワーク

GLAMネットワークは、マッキンゼーがレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、クィア、トランスジェンダーである優秀な人材を惹きつけ、支援し、尊重し、LGBTQ+社員が活躍しつづける場となるよう、サポートを行っています。私たちは、すべての社員が能力を最大限に発展させ成長できる環境を整えています。

25年にわたるGLAMネットワークの活動

GLAMネットワークは2020年に25周年を迎えました。1995年に数名の社員で立ち上げましたが、今では世界中で何千人ものLGBTQ+社員やアライ(サポーター)が参加しています。GLAM25周年記念がGLAMとマッキンゼーにどのような意味を持つのかについてご紹介します。

社員のつながりと人材育成

LGBTQ+リーダーとのメンターシップやオープンな会話が、LGBTQ+社員に良い影響を与えています。マッキンゼーは、1~2年ごとにグローバルGLAMカンファレンスを開催しています。各カンファレンスの間には、多数のオフィスがそれぞれ独自のプロフェッショナルディベロップメントおよびイベントを計画しています。

インクルーシブな環境の醸成

コンサルティング業務の卓越性を高めるのと同じ価値観、つまり人財、個人の能力開発、そして仕事の充実度や満足感を尊重することが、マッキンゼーのインクルーシブな文化およびダイバーシティのあらゆる領域でのリーダーシップへとつながっています。LGBTQ+社員をサポートし共に活動する社員によるGLAMのアライネットワークが形成され、登録している社員は4,500名以上にのぼります。

マッキンゼーの世界中100ヵ所以上のオフィスで、毎年4月第2週にLGBTQ+に対するいじめや差別等をなくし理解を深めるための国際的な啓蒙イベントDay of Pinkを開催しています。

採用

約20年前、マッキンゼーはLGBTQ+のMBA学生を積極的に採用する企業の先駆けとなり、また世界的にも早期に同性パートナーへの福利厚生を提供した企業の1つでもあります。

アライアンス

アライアンス(Alliance)というLGBTQ+エグゼクティブとのグローバル・ネットワークを通じ、LGBTQ+の平等を推進し、職場や社会で受け入れられるよう取り組んでいます

マッキンゼーで自分らしく輝く

2015年5月8日、 マッキンゼーのLGBTネットワークは、20年にわたる成長、支援、進歩を祝いました

社外からの評判

マッキンゼーは、米人権NGOヒューマン・ライツ・キャンペーン財団(HRC)の企業平等指数(CEI)に関する調査に初めて2006年に参加して以来、毎年、最高スコアである100点を獲得しています。
日本においても、任意団体work with Prideが策定したPRIDE指標(職場におけるLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティへの取組みの評価指標)において、最高位の「ゴールド」を獲得しています。

「20年以上前に立ち上げたGLAMの共同設立者として、マッキンゼーでの経験はまさに刺激的なものでした。グローバル採用のリーダーとして、その経験を共有できる多様な人材を迎えられることを誇りに思います。」

Brian Rolfes パートナー、グローバル採用