プロフィール

マッキンゼーのアジア太平洋地域消費財小売グループのリーダーとして、小売、消費財、メディア・金融サービスを含む様々な業界の企業を支援する。専門的知見は幅広く、ビッグデータ改革、デジタル戦略、個別化戦略、プライシング、顧客ロイヤリティ、企業成長およびM&A戦略など、多岐にわたる。

最近の実績:

  • アジアの小売大手における次世代アナリティクスを活用した店舗ネットワーク開発戦略策定
  • 日本の大手金融サービスグループの顧客ロイヤリティ戦略の再設計
  • アジアの消費財・メディア複合企業のアナリティクス改革の主導

規模を拡大して能力構築プログラムも牽引している。マッキンゼー・アナリティクスの中核的なグローバルラーニングプログラムの設計者として、トップレベルの教育機関と提携し、クライアント企業のマーケティングおよびアナリティクス分野における能力構築プログラムの設計・実行を支援している。

主な執筆、寄稿

Learning from South Korea's mobile-retailing boom” (マッキンゼー・アンド・カンパニー、2015年5月)

データ分析ができないなら、ビッグデータを集めない方がいい” (DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー、2014年4月)

アナリティクスが直感に反する原因の8割は、データの誤りである” (DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー、2014年4月)

eBook: Big data, analytics, and the future of marketing & sales” (McKinsey on Marketing & Sales、2013年7月)

Unleashing the power of algorithmic marketing” (McKinsey on Marketing & Sales、2012年5月)

学歴

京都大学法学部卒業