呉 文翔

Bunsho Kure

パートナー、東京オフィス
ポートフォリオ戦略、投資戦略や事業売却などのコーポレートトランザクション、統合マネジメント、投資先企業の事業価値向上施策立案など豊富な専門的知見を活かして日本におけるプライベート・エクイティファンドおよびプリンシパル・インベスター(総合商社など)のクライアントを支援。また、サステナビリティ関連事業投資や投資先の脱炭素化支援なども行う

プロフィール

東京オフィスのプライベート・エクイティ / プリンシパル・インベスター研究グループのリーダーを務める

主にPEファンドや総合商社との投資・ポートフォリオ戦略、ビジネス・デューデリジェンス、買収後のバリューアップ、売却戦略のプロジェクトを中心にリード

コーポレートファイナンス研究グループではM&AサービスラインのリーダーとしてPEファンドや総合商社以外のクライアントにもM&Aに関わる事業領域での支援を提供

また、サステナビリティ投資に関するコンサルティングの経験も豊富

最近の主なコンサルティング実績:

  • 資源・エネルギー、電力、消費財、食料、ヘルスケアなど、幅広い分野において投資・ポートフォリオ戦略、ビジネス・デューデリジェンスの支援を提供
  • サステナビリティ領域における日系企業のグローバル海外進出の戦略策定、JV組成を支援
  • グローバルなエネルギー企業、および化学品会社の組織改革や成長戦略策定をリード
  • 日本企業向けに投資テーマの構築、ターゲット企業選定、初期評価、アウトリーチ戦略等、M&A実行のための組織能力強化を支援

マッキンゼー入社前は三井物産株式会社にてエネルギー領域での事業投資案件に従事し、数多くのクロスボーダーM&A案件を担当

主な執筆、寄稿

価値創造経営の原則の実践:「ステークホルダー資本主義」を実現するため,” マッキンゼー・アンド・カンパニー,2021年4月

【企業変革】価値創造経営の原則と実践,” MARR オンライン, 2021年2月

職歴

三井物産株式会社
エネルギー本部 マネージャー

学歴

慶應義塾大学法学部法律学科(学士)卒業

ハーバード大学経営学修士(MBA)修了