Skip to main content

Jan P Hartmann

Jan P Hartmann

パートナー、東京支社
マッキンゼーの東南アジアにおける製造、およびサプライチェーンに関するプロジェクトを主導。事業会社および消費財メーカーに対し、部門横断・バリューチェーン全体のプランニングの最適化、オペレーションのデジタル化、パフォーマンスの総合的な改善に向けたコンサルティングを実施。

プロフィール

東南アジアで展開するマッキンゼーの製造・サプライチェーンの領域におけるプロジェクトを主導。事業会社および消費財メーカーに対し、あらゆるパフォーマンスの改善を支援。特に計画プロセスの最適化、およびサプライチェーン・物流業務のデジタル化に重点を置く。

物流業、製造業および消費財業界全域で、製造・サプライチェーンの全面的な変革に関して幅広い経験を有する。

直近のコンサルティング実績例:

  • 様々な産業の事業会社に対して、製造・サプライチェーン運用のデジタル化を支援。例えば、プランニング、パフォーマンス管理、インバウンドおよびアウトバウンドのサプライチェーンのオペレーションおよび製造拠点の最適化等。消費財メーカーに対して、アジア・太平洋にわたるオペレーションの最適化戦略に関して助言を提供。例えば、アドバンストアナリティクスを活用したサプライチェーン計画の強化、コスト削減およびサービスレベル向上に向けた複数の市場にわたる流通ネットワークの最適化等、多岐にわたる。
  • lEC(eコマース)物流に関して欧州およびアジアの国際宅配便・速達便・小包配送業者と協働し、配送スピード、信頼性、サービスの改善に向けたネットワーク、インフラ、プロセスの最適化等を実現。
  • アジア全域のサプライチェーン・物流の領域において、市場参入戦略の設計、サービスラインおよび規模拡大計画の策定等、新規事業戦略に関して助言。

学歴

マンチェスター大学
博士(情報学)

ポツダム大学ハッソ・プラットナー・インスティテュート
学士(ソフトウェア工学)