知見

特集

レポート - McKinsey Global Institute

Future of Japan
生産性向上が導く新たな成長の軌道

– 日本の労働力人口が減少しつつあることを踏まえると、日本は、生産性向上に向けた取り組みをこれまで以上に強化する必要に迫られるだろう。生産性向上を実現する民間セクターにおける施策こそが、アベノミクスにおける「四本目の矢」となり得る。

知見に関する記事・文献

記事

日本におけるメディカルアフェアーズのインパクト強化を目指して

2017年10月
最近の調査により、メディカルチャネルの重要性、および生産性の高いメディカルアフェアーズ部門となるために必要な要件が明らかに

記事

化学産業のマーケティング・営業活動をデジタル化するには

2017年2月 – マッキンゼーの最新の調査によると、マーケティング・営業部門をデジタル化することによって、化学産業全体で2000億ドルの規模の価値がもたらされる。効果を生むための方策や注意点、事例
記事

日本の金融立国構想に向けて

2017年6月
日本の金融市場が抱える課題を明らかにするとともに、「金融立国構想」推進のため、国レベルの「チェンジマネジメント・プログラム」の導入を提案

記事

ロボットと暮らす「⁠ス⁠マ⁠ー⁠トホ⁠ー⁠ム⁠」はすぐそこに

2017年1月 – これから10年のうちに、幅広い家事に対応する多種多様な新しいデバイスや技術により、居住環境の快適性が増し、家でくつろぐということの認識が変わっていくだろう。
記事

グローバルな視点から見た日本の農業の現在と今後の発展

– 日本の農業は、生産性の改善と輸出の拡大に向け動き始めている。政府が掲げる高いアスピレーションを実現するには、新たな取り組みも必要となる。
レポート

インバウンド観光は日本の経済成長の原動力になり得るのか

– 日本のインバウンド観光は、訪日旅行者の国籍の偏り、旅行者が訪問する地域の偏り、主要都市における観光関連施設のキャパシティ不足、という課題を抱えている。これらを克服すれば、世界第3位の経済大国である日本は、観光立国としてのメリットを真に享受することができる。
サーベイ

インダストリー4.0: 中長期的視点から

2016年4月 – 製造業の将来には非常に大きなポテンシャルが存在しているが、現時点では顕著な成果は現れていない。当該サーベイでは、製造業が主に価値を見出している分野を特定し、いかにその価値を実現していくかに焦点を当てる。
「日本の未来について話そう – 日本再生への提言 –」
出版物

「日本の未来について話そう – 日本再生への提言 –」

日本の未来はどうなるのか。マッキンゼーのプロフェッショナルや各界の専門家による日本再生への提言
記事

中国における消費傾向の近代化

2016年3月 – 経済成長に対する懸念がある中でも、中国における消費者マインドは堅調に推移している。しかし、マッキンゼーの最新の調査によると、消費者が何をどのように買うかという消費傾向に変化が見られる。

マッキンゼーのその他のグループ

マッキンゼークォータリー

マッキンゼーの主要刊行物である「マッキンゼークォータリー」では、1964年の創刊以来、経営トップの重要課題を明示し、知見を提供しています。

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート

民間部門、公共部門、ソーシャルセクターのリーダーに対して、変動する世界経済に関する理解をさらに深めるための支援を行い、経営や施策に関わる重要課題の意思決定を支えるファクトベースを提供することをミッションとして掲げています。

日本支社へのお問い合わせ