Practice Case

GlobaPharm

大手多国籍製薬会社によるスタートアップ企業買収に関する戦略的助言及び評価

クライアントからの依頼内容

年間売上100億ドルの大手製薬会社であるGlobaPharm社は本社および主要研究開発センターをドイツに置き、世界各地に営業オフィスを有する。GlobaPharm社はBioFuture社の買収および買収対象企業の生物学的製剤戦略が自社の戦略に適合しているかどうか、に関してマッキンゼーに助言を依頼している。

背景情報

GlobaPharm社は研究、開発、および「低分子」医薬品の販売において長く成果を上げてきた歴史を有する。当医薬品群はアスピリンや大半の血圧・コレステロール薬を含み、現在販売されている医薬品の大半を占める。GlobaPharm社は新たに急成長中の「生物学的製剤」と呼ばれる医薬品分野への参入を検討している。タンパク質性医薬品はプロテインやその他の複雑な大きい、複雑な分子であることが多く、従来の医薬品では効果が無い疾患の治療に有用である。

生物学的製剤の研究開発は低分子化合物のそれとは大きく異なる。製薬会社が必要とされる能力を得るには、一から構築する、既存のスタートアップ企業と提携する、またはスタートアップ企業を買収する、という3つの選択肢が存在する。競合は既にGlobaPharm社の数年先を行っているため、GlobaPharm社はサンフランシスコ近郊に拠点を置く有数の生物学的製剤企業であるBioFuture社を買収することで、出来る限り早く生物学的製剤プログラムに着手したいと考えている。BioFuture社は12年前に著名な研究者数名が集まって創業し、現在従業員200名を擁する上場企業であり、現在の株価に基づく評価額は10億ドルである。

プロジェクト概要

GlobaPharm社はBioFuture社の買収およびGlobaPharm社の生物学的製剤戦略とBioFuture社の適合性に関してマッキンゼーに助言を求めている。今回Global Pharm社が知りたいのは、「GlobaPharm社はBioFuture社を買収すべきか?」である。

アドバイス

  • 重要な情報はメモに書き出してください。
  • 回答する前に考えをまとめる時間を取って下さい。そうすることで、この問題についてあなたが論理的に考えていることが面接官に伝わります。
  • 細かく検討を始める前に、全体的なアプローチを決定して下さい。

問1

GlobaPharm社がBioFuture社の買収を検討する際に考慮すべき事は何か?

アドバイス

回答する前に考えをまとめる時間を取って下さい。そうすることで、この問題についてあなたが論理的に考えていることが面接官に伝わります。

  • 細かく検討を始める前に、全体的なアプローチを決定して下さい。

問2

マッキンゼープロジェクトチームはBioFuture社の現行の医薬品パイプラインの調査を検討している。そして、チームは先ずBioFuture社の現行の医薬品ポートフォリオの価値の評価に注力することを決めた。その際考慮すべき課題は何か?

アドバイス

  • 1つの課題をすぐに掘り下げていくのではないく、調査すべき一連の潜在的な課題について述べてください。その上で特定の課題について詳しく話して良いかを面接官に質問しましょう

問3

下記は製薬の開発プロセスにおけるステージ毎に期待成功率を示したものである。

注)「申請」はフェーズI、II、IIIの治験および安全性に関する全てのエビデンスの提出、ならびに医薬品の販売許可の申請過程を指す。

GlobaPharm

GlobaPharm社は、BioFuture社の主な医薬品候補の成功率が治験のフェーズIIに追加で150百万ドル投資することで改善されると考えている。この投資によりフェーズIIの成功率が上がり、より多くの医薬品候補がフェーズIII以降に進むことが見込まれる。この投資により損益分岐点に到達するには、フェーズIIの成功率をどの程度改善しなくてはならないか?

ここで、医薬品が上市、販売された場合の評価額は12億ドル(すなわち、医薬品の販売による全ての利益の現在価値は12億ドル)であると想定するように、と面接官から伝えられる。

アドバイス

  • 必要に応じて、不明点は面接官に質問してください
  • 数値を書き留めてください
  • 時間をとって計算方法を考えてください自分のアプローチおよび計算プロセスを面接官に説明してください

問4

次に、チームは買収後のBioFuture社の体制(案)の検討に入った。。BioFuture社の既存医薬品パイプラインは比較的限定されているが、GlobaPharm社は生物学的製剤研究の主軸として稼働するBioFuture社の能力に非常に高い関心を持っており、GlobaPharm社の既存開発資産と組み合わせると、今後10年で多くの医薬品候補を生み出せると考えている。

BioFuture社とGlobaPharm社の研究開発機能を統合した場合の主なリスクに関し、どの様な仮説が立てられるか?