COVID19 危機における日本の消費者心理に関する最新の調査結果

マッキンゼーが実施した消費者調査の結果、日本の消費者が徐々に通常の生活に戻りつつあるなか、インフレによる逆風が支出に悪影響を与えていることが分かった。

インフレの逆風に加え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が長期化する中、日本の消費者は奢侈品を中心に支出を抑える傾向が続いている。 消費者は日常を取り戻しつつあるが、ポストCOVID-19に向けて、デジタルサービスの利用は拡大しており、日常生活に浸透し始めている

 

これらの図表は、2022年8月23日から28日の期間に日本で収集された調査データに基づいている。ここでは日本の消費者のマインド、行動、賃金、支出、期待に関する定期的な最新情報を随時更新する