プロフィール

マッキンゼーのアジア太平洋地域における保険グループのリーダー。生命保険、退職金および資産運用に関する豊富な専門知見を基に、米国やアジアのさまざまな金融機関に戦略、オペレーション、組織構造上の課題に的を絞ったコンサルティングを行う。

最近の活動に、グローバル展開を行う保険会社での収益性の抜本的改革を促進する部門間業績提携、グローバルな資産運用会社のリサーチ能力開発と人材開発(報奨制度の再設計を含む)、金融サービス企業の革新的な販売チャネルおよびオペレーションプラットフォームの開発などがある。

金融サービスの改革や業績に関する調査記事も数多く執筆しており、近著に、米国の生命保険業界の動向や成功企業が実践した競合他社との差別化に関する研究をまとめた「The Life Journey」がある。また、マッキンゼー・グローバル・インスティチュート(MGI)の研究フェローとして参加したプロジェクトも含め、民間企業数社における研究活動をリード。MGIでは、米国経済の生産性向上や海外直接投資のインパクトに関する共同執筆も行っている。

マッキンゼー入社以前は、ボストンにて都市設計士としての勤務経験がある。

主な執筆、寄稿

Life journey: Winning in the life-insurance market,” McKinsey & Company, March 2014

学歴

マサチューセッツ工科大学大学院修士課程修了(都市学、建築学)

インド工科大学ルルキー校建築学科卒業