プロフィール

マッキンゼーのグローバルバンキンググループのリーダーの一人であり、アジア太平洋地域ナレッジコミッティのリーダーも務める。日本支社以前は、欧州、中東、アフリカのリテールバンクおよびプライベートバンク支援。銀行や保険会社に対し、成長戦略やサービスモデルの構築、デジタル、組織改革行動改革などの幅広いトピックに関し知見を提供し支援している。

マッキンゼー入社以来、数多くの変革プログラムに従事しており、銀行・保険事業の抜本的な再設計・立ち上げデジタル改革などを主導・推進している。最近は、大手外資系のリテールバンクにおけるマルチチャネル事業モデルの設計・実施、アジアでの新デジタルバンクの設立などに従事。また、ある外資系の金融機関に対しては、支店における投資性商品の販売を改善するため、現場従業員の意識・行動改革を含む大規模なプログラムを支援している。

クライアントへの知見の提供だけでなく、小売流通やデジタルバンキング、コンシューマーファイナンスなどリテールバンキングに関する執筆も行っており、銀行界で高い評価を得ている。

 

学歴

ミラノ工科大学卒業