プロフィール

マッキンゼーのオペレーションおよび自動車・組立産業グループの日本におけるリーダーの一人として、産業機械企業を中心とした企業・業界を広範に支援している。

製品開発、品質、革新、調達など特にオペレーション改善および改革実行を専門とする。最近では、家電製品企業に対し、ソフトウェアエンジニアリングのパフォーマンス向上について助言を提供している。

そのほか、グローバル自動車メーカーにおける収益管理アプローチ、および大手産業機械企業における間接労働者のリーン改革の実行をサポートしている。

大規模な改革を通じたクライアント企業の事業増強において、経営陣・管理職のコーチングに注力し、企業そのものの変化と組織の思考や行動の変化の双方を促している。

また、インダストリー4.0、IoT、日本企業による今後のビジネスチャンスの獲得に関するマッキンゼーの研究にも大きく貢献している。

1999年にマッキンゼー入社以来、欧州、北米、中国、東南アジアのクライアント企業の支援に尽力しており、特にグローバル化戦略の策定・実行に精通している。

学歴

ダルムシュタット工科大学大学院修士課程修了(MBA)

東京工業大学大学院修士課程修了(機械工学)