プロフィール

マッキンゼーのグローバルヘルスケア研究グループのリーダーの一人。業界に関する豊富な知識、前職におけるバイオテクノロジー研究および商品化の経験はクライアント企業に高く評価されている。

最近の実績

  • 大手グローバルバイオファーマ企業のアジアにおけるプレゼンスの確立、製品の上市、収益拡大、ローカルパートナーシップの確立、ならびに中国および日本における新しい事業モデルの形成に向けて迅速な追加資産の獲得を支援
  • 代表的な日本企業2社における技術・能力の特定市場セグメントへの配置、革新的な新製品の開発・買収、業界を横断したパートナーシップの確立(ハードウェア-ソフトウェア、アドバンストアナリティクスなど)、および迅速な上市を通じた医療分野への参入を支援
  • 周辺機器メーカーとソフトウェア会社のグローバルな提携を支援し、合併後のアジアにおける統合を主導

生物工学および計算生物学の分野における科学的研究により8つの論文を執筆している。マッキンゼー入社以前は、技術移転に従事し、ナノテクノロジーおよび生物工学のヘルスケアへの適用分野において新技術および知的財産の商品化に携わった経験を有する。

イタリアの出身であり、キャリアの6年を米国で、さらに6年をベルギーで過ごし、2013年からマッキンゼー日本支社に勤務。

スキー愛好家であり、また、毎朝のランニングは欠かさない。

学歴

ベイラー医科大学大学院(米国)博士課程修了(生物工学)

ミラノ大学(イタリア)博士課程修了(生物工学)

テキサス大学経営学大学院(米国)修士課程修了(MBA)