マッキンゼー・アンド・カンパニー日⁠本支⁠社

マッキンゼー・アンド・カンパニー日⁠本支⁠社

世界第3位の経済大国の成長を支援する

マッキンゼー日本支社は、日本企業および多国籍企業のクライアントの最重要目標の達成に向け、本質的かつ継続的な成長を遂げるための支援を行っています。私たちは、グローバリゼーション、全社戦略および事業部門戦略、オペレーション改善などの分野で顧客企業の取り組みをサポートするとともに、NPO法人スペシャルオリンピックス日本、TOMODACHIイニシアチブ、国境なき医師団などの公益事業や非営利機関へのサポートも行っています。

45

years

日本支社設立から45年

70

percent

日本のトップ50社の7割をサポート

800

projects

あらゆる業種を対象に、過去5年間で800プロジェクトを実施

採用情報

日本支社での採用

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、世界で最も重要なマーケットのひとつである日本において、他に類のないプロフェッショナルな個人の成長の機会を提供しています。あなたは、日本の主要産業のさらなる成長や、次世代産業のイノベーションに携わることになります。

あなたがマッキンゼー日本支社の一員になると、多くのマッキンゼーのリーダー達の思考論理に触れ、産業や経済研究活動の発展にあなた自身も大きく貢献することができます。また、短期間で多くを学び、知性を高め、日本だけでなく多国籍なコンサルタントの多様な価値観と出会うことになるでしょう。

採用情報

最近の記事・文献

レポート - McKinsey Global Institute

Future of Japan
生産性向上が導く新たな成長の軌道

– 日本の労働力人口が減少しつつあることを踏まえると、日本は、生産性向上に向けた取り組みをこれまで以上に強化する必要に迫られるだろう。生産性向上を実現する民間セクターにおける施策こそが、アベノミクスにおける「四本目の矢」となり得る。
記事

ロボットと暮らす「⁠ス⁠マ⁠ー⁠トホ⁠ー⁠ム⁠」はすぐそこに

2017年1月 – これから10年のうちに、幅広い家事に対応する多種多様な新しいデバイスや技術により、居住環境の快適性が増し、家でくつろぐということの認識が変わっていくだろう。
記事

グローバルな視点から見た日本の農業の現在と今後の発展

– 日本の農業は、生産性の改善と輸出の拡大に向け動き始めている。政府が掲げる高いアスピレーションを実現するには、新たな取り組みも必要となる。
レポート

インバウンド観光は日本の経済成長の原動力になり得るのか

– 日本のインバウンド観光は、訪日旅行者の国籍の偏り、旅行者が訪問する地域の偏り、主要都市における観光関連施設のキャパシティ不足、という課題を抱えている。これらを克服すれば、世界第3位の経済大国である日本は、観光立国としてのメリットを真に享受することができる。

東京オフィス

東京

〒106-0032
東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山
森タワー

Tel: 03-5562-2100(代表)
Fax: 03-5562-2200

http://maps.google.com/maps?q=〒106-0032 東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山 森タワー

日本支社へのお問い合わせ