活動内容

通信・メデ⁠ィ⁠ア⁠・テ⁠ク⁠ノ⁠ロ⁠ジ⁠ー

日本は、現在も、活発なイノベーションの場として、また一大市場として、通信・メディア・テクノロジー産業における世界有数のマーケットです。

マッキンゼー日本支社の通信・メディア・テクノロジー・グループは、内資と外資を問わず、各業界の多くの主要企業に向けてコンサルティングサービスを提供しています。

テクノロジーグループの顧客企業は、部品メーカー、ハードウェアおよびソフトウェア販売会社、ソリューションおよびサービスプロバイダー、システムインテグレーターを含めた、バリューチェーン全体に広がっています。通信およびメディアグループの顧客企業には、大手通信事業者のほか、メディア、コンテンツ制作会社、コンテンツアグリゲーターが含まれます。

通信・メディア・テクノロジー・グループは、高度な知見と世界的ネットワークを活用して、成長戦略や海外展開戦略をはじめ、研究・開発機能から、製造・サービスに至るオペレーション改革まで、幅広い課題に関して顧客企業にサービスを提供しています。また、さまざまな手段とアプローチを採用することで、激動する業界で成功するために必要な柔軟性とスピードを獲得できるよう、顧客企業を支援しています。

より詳細な情報は、“Telecommunications” “Media & Entertainment” “High Tech”サイトを ご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

記事 - McKinsey Quarterly

日本のハイテク産業を再起動せよ

– かつて世界を席巻した日本のハイテク産業は、現在、深刻な事態に直面しています。グローバルな競争力を取り戻すためには、何よりも経営陣の勇気ある行動が求められています。

日本支社へのお問い合わせ