活動内容

プライベートエ⁠ク⁠イ⁠テ⁠ィ⁠

マッキンゼー日本支社のプライベート・エクイティ・グループは、独立系プライベート・エクイティ・ファーム、政府系ファンド、総合商社、コングロマリットに対して、買収後の積極的株式保有の選択肢を評価するためのコンサルティングサービスを提供しています。

顧客企業が業績面で持続的かつ望ましい変化を達成できるよう、プライベート・エクイティ・グループは、投資先企業へのサポート、デューディリジェンスやその他の買収サポート、戦略立案、組織設計など、幅広いサービスを通じて支援を行っています。マッキンゼーは、日本経済の再生においてプライベートエクイティの担うべき役割は重要性を増しつつあると確信しており、今後も投資を行う顧客企業と協力して日本経済の変革をサポートしたいと考えています。

近年のプロジェクト例:

  • 化学、消費財、ハイテク、製薬、人材採用、不動産開発、システムインテグレーションを含むさまざまな業種において、プライベートエクイティによる企業買収に向けたデューディリジェンスを支援
  • エネルギー業界の投資先企業に関するACE評価をサポート

より詳細な情報は、“Private Equity & Principal Investors Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

レポート

アジア太平洋地域におけるプライベートエクイティ: リバウンド、グローバリゼーション、その他の動き

– アジアのプライベートエクイティは、世界金融危機からどのように立ち直ってきているのか。マッキンゼーがその詳細をレポート。

日本支社へのお問い合わせ