活動内容

ヘルスケア

日本は医薬品と医療機器に関して世界第2位の市場であり、歴史的にも数々の革新的な医薬品・医療機器をもたらしてきました。マッキンゼー日本支社では大規模なヘルスケアグループを擁しており、この重要な市場において、中小から大手までの多くの日本の製薬会社や医療機器メーカーに加え、多くの多国籍のヘルスケア企業にサービスを提供しています。顧客企業には、新薬および後発医薬品メーカー、医療器具や診断機器メーカー、一般用医薬品や個人向けヘルスケア製品の関連企業が名を連ねています。

日本の医療システムや規制に関する豊富な知見に基づいて、ヘルスケアグループは、この成長産業の関係者が直面する複雑な課題解決に向けて、顧客企業を支援しています。

最近のプロジェクト例を見ても、製品発売に関するマーケティング・営業から業務提携、共同販促、買収、統合後のマネジメントまでを含む事業開発や組織変革、あるいは研究・開発やオペレーション分野の改善を目的とした施策まで、取り組みは多岐にわたっています。

さらにマッキンゼーは、規制当局や業界団体へのサポートを通じて、日本における医薬品の供給状況の改善や医療提供の向上に関するさまざまな取り組みを行っています。日本のヘルスケアグループのリーダーには日本人および外国人のコンサルタントが含まれ、全員がヘルスケア業界に関する高度な専門的知見を有しています。

より詳細な情報は、“Pharmaceutical & Medical Products Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

記事 - McKinsey Quarterly

日本: 超高齢化社会からの学び

– 日本の人口は既に世界で最も高齢化しており、その高齢化は今なお急速に進んでいます。ヨ ーロッパ、北米、アジアの企業は日本のこの経験から学ぶことができるでしょう。

日本支社へのお問い合わせ