マッキンゼーの組織グループは、日本における40年間の活動を通じて蓄積した洞察力や経験に基づき、国内外の企業に対して組織関連の幅広い課題解決のための助言を行っています。

われわれは、世界中で最先端の知見を獲得するために独自の研究を行い、日本企業の状況に適合した形で提供しています。日本企業および日本で事業を行う外資系企業に対して、組織変革、人材マネジメント、人材育成から、組織設計、組織の健全性、合併後のマネジメントに至るまで、さまざまな課題に関してサービスを提供しています。

近年は、グローバル化に伴う組織的な側面に焦点を当てており、グローバル人材の育成、組織文化のグローバル化、グローバル組織の設計、国境を超えた買収後の経営統合などに関するコンサルティングを行っています。

より詳細な情報は、“Organization Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

記事 - McKinsey Quarterly

情報の過剰摂取からの回復

– いつもオン状態で、複数業務を課せられている職場環境は、ある程度予測できる、あるいは予測不可能と思われるような、取り返しのつかない損害をもたらすおそれがあります。

日本支社へのお問い合わせ