活動内容

マーケティング⁠・ア⁠ン⁠ド⁠・セ⁠ー⁠ル⁠ス

マッキンゼーのマーケティング・アンド・セールスグループは、日本において40年の実績を持ち、日系および外資系の顧客企業が市場で飛躍を遂げるための支援を行ってきました。

このグループは、深い消費者知見に基づく商品開発から企業独自の市場参入戦略に至るまで、幅広い領域で顧客企業をサポートしています。マッキンゼーは、あらゆるマーケティング・アンド・セールス分野の顧客に対して、グローバルな現場での豊富な経験と知的資本として蓄積された独自の方法論やデータを提供しています。例えば、マッキンゼーのインサイト・チャイナ・センターでは中国最大の消費者調査や詳細なマクロ経済データを提供しており、顧客企業は、今後の成長を加速させる見込みのあるサブセグメントやミクロ市場の特定が可能です。加えて、売上げ成長戦略に影響を与えた最近の活動として、多数の業種と地域のトップセールス幹部110名以上に行ったインタビューがあります。ここからは、いかに売上げ成長を実現するかについての極めて貴重な洞察がもたらされました。

マーケティング・アンド・セールスグループは、消費者・購買者に対する知見、先進的な分析論、セールス・アンド・チャネル、マーケティングROIとブランディング、プライシング・アンド・プロモーション、顧客ライフサイクル管理、マーケティング・アンド・セールス組織とその遂行能力など、主要な領域で顧客企業にサービスを提供しています。

より詳細な情報は、“Marketing & Sales Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

記事

時流に乗り、新成長源の
取り込みにねらいを定めたブランド戦略への転換

– 最新の調査によると、日本におけるラグジュアリー市場は、今後、新顧客層のニーズや既存顧客のオンライン化ニーズにいかに対応できるかが課題となるでしょう。
記事

復興の兆しをみせる日本のラグジュアリー市場

– 日本のラグジュアリー関連CEOの約半数が、2014年の見通しは2013年に比べはるかに明るい、と述べています。

日本支社へのお問い合わせ