活動内容

コーポレートフ⁠ァ⁠イ⁠ナ⁠ン⁠ス

多くの日本企業・外資系企業双方にとって、国境を超えたM&A戦略の立案・遂行および統合後の経営の成功は、グローバル化の成否を分ける重要なハードルとなっています。マッキンゼーのコーポレート・ファイナンス・グループは、日本において資金調達や価値創造、またこれらに必要な能力の構築に関して中立的な立場で助言を提供し、企業がこうしたハードルをクリアするための支援を行っています。

マッキンゼーの持つ、幅広い業種における知見、コーポレートファイナンス領域に関する洞察力、独自の知識やツールを合わせて活用することで、顧客企業が長期的な価値を創造し、企業目標に向けて前進できるような仕組みを設計します。顧客企業に対しては、M&A活動、合弁事業、戦略的提携におけるサポートをはじめとして、M&Aや業務提携における遂行能力の強化に関しても支援を行っています。こうした取り組みには、専属チームの設置、チームと上級経営幹部に向けたトレーニング計画の実施、分析やモニタリングツールの導入などが含まれます。さらにマッキンゼーは、事業ポートフォリオの再評価と再編成、経営管理指標の審査を通じて、顧客企業における財務部門の強化を支援します。

プロジェクト例:

  • 消費財企業による国境を超えた買収のサポート。戦略の検証、買収先企業の評価を含む
  • 海外のハイテク企業による日本企業の事業買収に関するアドバイス
  • 邦銀において、法人向け業務と投資銀行業務のグローバル戦略の構築。その後の米国金融機関との戦略的提携の締結までをサポート
  • 化学、消費財、ハイテク、製薬、人材採用、不動産開発、システムインテグレーションなどさまざまな業種において、プライベートエクイティによる企業買収に向けたデューディリジェンス実施を支援

より詳細な情報は、“Strategy & Corporate Finance Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

日本支社へのお問い合わせ