製造業とハイテク産業で世界をリードする日本は、化学産業でも米国と中国に次ぐ世界第3位の市場規模を誇っています。マッキンゼー日本支社の化学グループのエキスパートやコンサルタントは、化学や工学の学位を保有し、マーケティング、営業など機能別の専門能力も兼ね備えています。

化学グループの顧客企業は、多国籍企業、日本企業を問いません。また分野も、石油化学、特殊化学、ハイテク・電子化学、医薬や農薬など多岐にわたります。日本での豊富な経験と市場動向に関する見識を生かして、化学グループは、新規事業開発、市場参入戦略、製品ポートフォリオ戦略、マーケティング・営業力改善、コーポレートガバナンス、M&Aおよび業務提携、オペレーション改善など、幅広い領域で顧客企業をサポートしています。

より詳細な情報は、“Chemicals Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

Article

Chemicals’ changing competitive landscape

– High energy prices and the global economy’s eastward shift are changing the formula for success. Newcomers must build capabilities, and incumbents must sharpen value propositions.

日本支社へのお問い合わせ