採用情報

採用情報

マッキンゼーでは、顧客企業や地域社会に対して価値ある変化をもたらすことのできる優秀な人材を求めています。

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、世界で最も重要なマーケットのひとつである日本において、他に類のないプロフェッショナルな個人の成長の機会を提供しています。
あなたは、コンサルタントとして、日本の主要産業のさらなる成長や、次世代産業の日々のイノベーションに携わることになります。
そして、あなたがマッキンゼー日本支社の一員になると、多くのマッキンゼーのリーダー達の思考論理に触れ、産業や経済研究活動の発展にあなた自身も大きく貢献することができます。
また、短期間で多くを学び、知性を高め、日本だけでなく多国籍なコンサルタントの多様な価値観と出会うことになるでしょう。

採用・イベント情報

2019年国内大学新卒採用情報
現在、2019年4月入社希望の方の登録・応募を受け付けています。詳しくはこちらをご覧ください。
 
2018年海外4年制大学新卒採用情報
現在、2018年入社希望の方の登録・応募を受け付けています。詳しくはこちらをご覧ください。

コンサルタント紹介

竹村 和昭

私にとってマッキンゼーがどういう場所か問われたら、今の私は自信を持って次のように答えます。「クライアントと一体となって経営課題を解決する醍醐味を味わえる場所であり、それと同時に驚くべきスピードでプロフェッショナルとして成長できる場所である」と。

竹村 和昭

パートナー・東京

東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。銀行・保険を中心とした金融機関に対する戦略策定、戦略遂行支援、生産性改善に従事するほか、商社の新規事業立ち上げ戦略の立案、製薬会社に対するマーケティング戦略立案、小売業のサプライチェーン改善支援など幅広い分野のプロジェクトを担当。コロンビア大学経営学大学院修士課程修了(MBA)

日本企業は、国内での事業戦略だけでなく、世界で成長機会を追求するために、「マッキンゼーにしかできない」支援を求めています。このような環境の中で、グローバリゼーションの牽引役の一員として力になれることを誇りに思っています。

山田 唯人

パートナー・東京

2010年に慶應義塾大学経済学部を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。主にクロスボーダーのM&A戦略策定のプロジェクトに従事し、東京、東南アジア、欧州のオフィスにて勤務。最近では日本企業の新興国新規参入戦略に従事

入社してまず言われたのが、「Show your own McKinsey」でした。その言葉通り、自分でどんな業界、専門分野でどう成長したいかについて、能動的に探して選び取っていけること、またそうした際に周りがサポートしてくれることは、非常に驚きでした。

坂本 貴則

パートナー・東京

東京大学法学部を卒業後、官公庁で流通業や製造業の企業再生を担当。 2006年にマッキンゼー・アンド・カンパニー入社。シリコンバレーオフィスにて勤務後、東京オフィス復帰。コロンビア大学経営学大学院修士課程修了(MBA)

マッキンゼーでのキャリアパス

コンサルタントとして働くこと

マッキンゼー・コンサルタントの働き方の一例をご紹介します。

採用ポジション

マッキンゼーへ入社するコンサルタントには、さまざまなキャリア形成機会が用意されています。

採用の流れ

ご応募に際してはまずこちらをご覧ください。

私たちは、日々クライアント企業が抱える最も困難な課題を解決し、能力を構築し、より大きな成果を生み出すための支援を行っています。

日本支社へのお問い合わせ