マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社

活動内容

自動車・産業機械

日本は、世界有数の自動車市場であると同時に、自動車技術の最大の輸出国であり、多様な輸送機器関連の技術革新の拠点でもあります。こうした環境のもと、マッキンゼー日本支社の自動車・産業機械グループは広範な分野で活動を行い、OEM企業、部品サプライヤー、資材メーカーとともに、この世界的な産業における、競争力向上に即効性のあるプロジェクトを実施しています。

日本支社の自動車・産業機械グループは10名以上のパートナーを擁し、多くのトップマネジメントに対し、新規市場参入や技術投資判断といった戦略的課題に関する助言を行っています。また、研究開発の効率性から仕入れ業務まで、さまざまな機能のオペレーション改善指導においても豊富な経験を有しています。重要な供給産業である部品メーカーに対しても、この国際的産業における競争力維持と、さらなるグローバル化に向けた積極的な支援を行っています。自動車・産業機械グループが従事するOEMは、乗用車のみならず、トラック、オートバイ、建設機械、重車両メーカーなど多岐にわたっています。

成熟産業でありながら、自動車産業は進化を求められています。そのためにも、私たち日本の自動車・産業機械グループは、電気自動車や環境技術革新といった最先端技術の分野において、日本企業が競争優位を維持できるよう支援していくことを主な目標としています。

より詳細な情報は、“Automotive & Assembly Practice”サイトをご覧ください(英文のみ)。

記事・文献

記事|マッキンゼークォータリー

電気自動車普及への近道

大都市は、マス市場にとって理想的なテストの場です。早期普及の波は、自動車産業の多くの経営幹部や政策決定者が考えるよりも早く到来するかもしれません。

McKinsey Quarterly”サイトでは、自動車・産業機械業界に関するさまざまな知見をご覧いただけます(英文のみ)。
日本支社へのお問い合わせ