マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社

知見に関する記事・文献

Strengthening Japanese agriculture to maximize global reach
レポート

グローバルな視点から見た
日本の農業の現在と今後の発展

日本の農業は、生産性の改善と輸出の拡大に向け動き始めている。政府が掲げる高いアスピレーションを実現するには、新たな取り組みも必要となる。続きを読む

レポート

インバウンド観光は日本の経済成長の
原動力になり得るのか

日本のインバウンド観光は、訪日旅行者の国籍の偏り、旅行者が訪問する地域の偏り、主要都市における観光関連施設のキャパシティ不足、という課題を抱えている。これらを克服すれば、世界第3位の経済大国である日本は、観光立国としてのメリットを真に享受することができる。続きを読む

featured-insight_dotcom-article-imagery1536x1536_Thumbnail
記事

中国における消費傾向の近代化

経済成長に対する懸念がある中でも、中国における消費者マインドは堅調に推移している。しかし、マッキンゼーの最新の調査によると、消費者が何をどのように買うかという消費傾向に変化が見られる。

Industry 4.0: Looking beyond the initial hype
サーベイ

インダストリー4.0: 中長期的視点から

製造業の将来には非常に大きなポテンシャルが存在しているが、現時点では顕著な成果は現れていない。当該サーベイでは、製造業が主に価値を見出している分野を特定し、いかにその価値を実現していくかに焦点を当てる。

記事|マッキンゼー・オン・マーケティング・アンド・セールス

時流に乗り、新成長源の取り込みにねらいを定めた
ブランド戦略への転換

最新の調査によると、日本におけるラグジュアリー市場は、今後、新顧客層のニーズや既存顧客のオンライン化ニーズにいかに対応できるかが課題となるでしょう。

art
ビデオ|マッキンゼー・グローバル・インスティテュート

平等の力

男女格差は、社会的・道義的な問題であるだけでなく、経済的にも重大な課題となっています。全般的に、女性は、職場において依然として不利な立場に置かれています。マッキンゼー・グローバル・インスティテュートの最新報告では、男女格差により世界経済が被るコストに焦点を当てるとともに、その解消に向けて企業に何ができるか、について言及しています。

Japan_hyperagingV2_1536x1536_New_Thumbnail
記事|マッキンゼークォータリー

日本: 超高齢化社会からの学び

日本の人口は既に世界で最も高齢化しており、その高齢化は今なお急速に進んでいます。ヨーロッパ、北米、アジアの企業は日本のこの経験から学ぶことができるでしょう。

Reimagining Japan

「日本の未来について話そう – 日本再生への提言 –」

日本の未来はどうなるのか。マッキンゼーのプロフェッショナルや各界の専門家による日本再生への提言

出版物紹介

「マッキンゼー クォータリー」

マッキンゼーが編集・刊行するビジネス論文誌「マッキンゼークォータリー」は、民間、公共、非営利部門における経営に関しての最先端の考察を紹介しています。

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)

マッキンゼーが誇るビジネスと経済の研究部門MGIは、世界経済の発展に関する理解を深めるため、各界のリーダーに向けてさまざまな報告書を刊行しています。

日本支社へのお問い合わせ